粗大ごみでは業務用のものは回収されない

業務用の食品を販売しているスーパーがあります。通常の食材よりも量が多くなっているのです。まとめ買いをするのに便利と言われています。以前は本当に業務用のものしか売られていませんでしたが、今は一般のお客さんが多いことから一般の商品も多く並べているところがあります。名称だけ業務用となっているようなこともあります。家電製品などでも一般のものより業務用のものの方が使いやすいことがあります。よくあるのは掃除機です。パワーが強いので、掃除がはかどるのです。ではこの掃除機を捨てるとき粗大ごみを捨てるときに捨ててよいかですが、できない場合がります。と言いますのも、事業からでたゴミについては回収できない場合があるからです。実際に事業に使っていなくても、事業用のものだとそれに該当してしまうことがあります。注意が必要です。

粗大ごみの処分について

最近ではゴミを捨てるのも大変な時代になりました。地域によって違いもありますが、分別は細かく区分されていますし有料ゴミ袋を使わないと捨てられないごみもたくさんあります。そんな中で引越しや大掃除の時期に大量にゴミを出すとなると一苦労です。曜日によって回収が違いますから、引越しなどの場合は前もってゴミを分別し荷造りしておかなければ退去する日までにすべてのゴミを処分することができなくなってしまいます。また、粗大ごみの処分にも頭を悩ませることになるケースが多いです。家電リサイクル法で定められた対象廃棄物のエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機は所定の方法で処分をすることが義務付けられています。またそれ以外の大型ごみについてはかく市町村で取り扱い方が異なってくるため、それぞれの市町村のホームページなどで確認するか、役所へ電話問い合わせを行うのが得策です。

粗大ごみも分類されます。

粗大ごみも分類されています。また地域によってその仕組みを変わってきます。わからないところがあれば受付センターに電話をして確認をとってみましょう。パソコンなどといったものは部品を取り換えれば今後も使える可能性があります。リサイクルという手段もありますのでボランティアというかたちで貢献しましょう。回収してほしいのであれば事前に引き取ってもらうように私たちは依頼をします。自分でできることは調べる必要性があります。サイズによって手数料もかかります。メジャーなどで測定をしてその大きさに見合ったものを期限までに出してください。これで家のなかが整理されていきます。次の商品をため込まずに住まいにあった空間を維持していくようにしてください。コンビニで粗大ごみ用のラベルが販売されているのでそちらのほうを貼りつければ良いです。

Author:   |   Date: 21,4月,2014  |   Categories:   |   Comments: no comment